東幸の多機能な瓦リサイクル舗装
東幸の多機能な瓦リサイクル舗装 > 施工実績 > 龍源寺間歩への誘導に瓦ックコート

龍源寺間歩への誘導に瓦ックコート

日本で14番目に世界遺産に登録された島根県で唯一の世界文化遺産【石見銀山遺跡】

石見銀山遺跡には大小様々な銀鉱石を掘り進んだ坑道があります。

坑道のことを石見銀山では間歩(まぶ)と呼びます。

現在常時公開されているのが、銀山公園駐車場から約2.5kmの距離にある龍源寺間歩遺跡です。

内部の様子

20160212_093718.jpgのサムネイル画像

遊歩道を判りやすく標示

今まで龍源寺間歩までの遊歩道が判りにくい、迷いやすいと言うことで遊歩道を地元の石州瓦を使った工法で判りやすくしました。

以前は黒い舗装上に龍源寺間歩と白地で標示していました。

以前の標示

DSCF7458.JPG

風景を満喫して歩くと、ついつい左の方歩き迷子になってしまうと言うことで、石州瓦を吹き付けて薄層カラー舗装を行いました。

仕上がり

DSCF7525.JPG

龍源寺間歩方面が判りやすくなり、観光客の方も石州瓦を吹き付けた瓦ックコートの遊歩道を歩いて迷うことなく龍源寺間歩に行かれるようになりました。

DSCF7528.JPG

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA