東幸の多機能な瓦リサイクル舗装

1級土木施工管理技士の資格

どんな資格?
土木工事を施工するために、その施工計画の作成及び当該工事の工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理を適確に行うために必要な技術です。
建設現場での工程管理、施工管理、安全管理、原価管理を担当し全体を把握しながら構造物を完成させるため、高度な技術者として優遇されます。
建設現場での所長として大活躍されている人は、殆ど1級土木施工管理技士の資格を持っています。
また持っていないと現場責任者として、発注者に登録が出来ません。
土木技術者を目指す人には、あこがれの資格です。
どうすれば資格が取れるの?

指定試験機関の技術検定を受けて合格すれば、国土交通省大臣より合格証が届き有資格となります。
受験資格
受験には次の実務経験年数が必要です。
大学卒業の場合         指定学科は卒業後3年以上
                   指定学科以外は4年6ヶ月以上 
短期大学・専門学校の場合  指定学科は卒業後5年以上
                   指定学科以外は7年6ヶ月以上
2級技術検定合格者       2級合格後5年以上
なお、建設業施行令の改正により、2006年度からの2級技術検定試験の受験資格が改定され、実務経験がない人でも指定の学科を専攻した高校卒業見込み以上の学歴があれば2級の学科試験が受験可能となる。
合格者は一定年限内に所定の実務経験を積んだ後で実地試験を受験する。
どうすれば取れるの?
技術検定ですので試験に合格しなければなりません。
試験に合格する方法
では、1級土木施工管理技士の試験に合格するにはどうしたらよいのでしょうか。
講習会で勉強する。
通信教育で勉強する。
独学で頑張る。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA