東幸の多機能な瓦リサイクル舗装

瓦規格外品発生量

原材料となる瓦規格外品は、瓦製造過程で1、200度の高温で焼き固めるときに、素材の僅かな変形により製品量の3-5%発生する。
年間の発生量は1社あたり4,000~5,000トン程度が発生している状態である。
過去には釉薬に鉛を混入させ発色させていたが、現在は3種類の色を除き無鉛化の釉薬を使用している。
 今後は短期間のうちに全ての釉薬が無鉛化となる予定であり、鉛による環境汚染の心配はない。
ただ、次表の溶出試験でも鉛は検出されておらず、1200度の高温で焼成した締め固めた瓦から鉛が溶け出すことは普通では考えられない。

溶出試験結果

瓦規格外品を粉砕し、粉末状にし公的機関で溶出試験を行った。

計 量 の 対 象 単 位 計量結果① 基準値 計 量 の 方 法
六価クロム化合物 mg/L 0.01未満 0.05以下 基準範囲内 JIS K 0102 65
カドミウム mg/L 0.001未満 0.01以下 基準範囲内 JIS K 0102 55
全シアン mg/L 不検出 検出されないこと 基準範囲内 JIS K 0102 38
有機リン化合物 mg/L 不検出 検出されないこと 基準範囲内 環告64号付表1
mg/L 0.005未満 0.01以下 基準範囲内 JIS K 0102 54
砒素及びその化合物 mg/L 0.005未満 0.01以下 基準範囲内 JIS K 0102 61
総水銀 mg/L 0.0005未満 0.0005以下 基準範囲内 環告59号付表1
アルキル水銀化合物 mg/L 不検出 検出されないこと 基準範囲内 環告64号付表3及び環告59号付表2
PCB mg/L 不検出 検出されないこと 基準範囲内 環告59号付表3
ジクロロメタン mg/L 0.002未満 0.02以下 基準範囲内 JIS K 0102 5
四塩化炭素 mg/L 0.0002未満 0.002以下 基準範囲内 JIS K 0102 5
1,2-ジクロロエタン mg/L 0.0004未満 0.004以下 基準範囲内 JIS K 0102 5
1,2-ジクロロエチレン mg/L 0.002未満 0.02以下 基準範囲内 JIS K 0102 5
シス-1,2-ジクロロエチレン mg/L 0.004未満 0.04以下 基準範囲内 JIS K 0102 5
1,1,1-トリクロロエタン mg/L 0.001未満 1以下 基準範囲内 JIS K 0102 5
1,1,2-トリクロロエタン mg/L 0.0006未満 0.006以下 基準範囲内 JIS K 0102 5
トリクロロエチレン mg/L 0.003未満 0.03以下 基準範囲内 JIS K 0102 5
テトラクロロエチレン mg/L 0.001未満 0.01以下 基準範囲内 JIS K 0102 5
1,3-ジクロロプロペン mg/L 0.0002未満 0.002以下 基準範囲内 JIS K 0102 5
チウラム mg/L 0.001未満 0.006以下 基準範囲内 環告59号付表4
シマジン mg/L 0.001未満 0.003以下 基準範囲内 環告59号付表5
チオベンカルブ mg/L 0.002未満 0.02以下 基準範囲内 環告59号付表5
ベンゼン mg/L 0.001未満 0.01以下 基準範囲内 JIS K 0102 5
セレン及びその化合物 mg/L 0.005未満 0.01以下 基準範囲内 JIS K 0102 67
弗素 mg/L 0.09 0.8以下 基準範囲内 JIS K 0102 34
ほう素及びその化合物 mg/L 0.02未満 1以下 基準範囲内 JIS K 0102 47

以上の試験結果の通り環境基準範囲内であり、有害な物質は含まない。


瓦規格外品

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

同ジャンル・関連ページ

破砕して分級化

瓦規格外品を骨材に製造


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA